外断熱工法にすると、結露が発生しなくなりますか?

外断熱工法にすると、結露が発生しなくなりますか?

結露は、空気中に含まれる水蒸気が冷やされることによって発生します。壁の内部に取り付けられた断熱材に発生する結露は目で見ることはできませんが、実際のところ、冬は壁が冷やされるため、壁内結露が発生して春になり気温が上がってくるとカビが発生することもあります。ほかにも、サッシの窓周り、特に寒い部屋の収納内部に結露が発生しやすくなっています。

一方、内断熱と比較すると、外断熱は洗面、トイレ、使用していない部屋を含めた室内全体が一定の温度になるため、結露は発生しにくいといえるでしょう。開口部周りについても、アルミと樹脂のハイブリットタイプのサッシや、Low-Eペアガラスなどの外断熱仕様のものであれば、結露は発生しにくくなります。

とはいえ、外断熱を施してあっても、外気と室内の温度差が30℃近くになると、内壁に結露が発生することがあるため、過度な冷暖房は控えたほうが良いでしょう。また、大量の洗濯物を干したり、長時間にわたり煮物料理を作ったりすると結露発生につながることもあります。