相続税対策コラム 株式会社 ココプラネット|東京都内の投資一棟売りマンションで相続税対策を

相続税対策コラム

相続税対策での不動産管理会社の設立での役員報酬の決め方
相続税対策で不動産管理会社を設立して、家族や親族などの相続人に収益の移転が図られることがあります。相続財産を有利にするための出資者や役員報酬の決め方のポイントをまとめてみました。
相続税対策で不動産管理会社を設立する場合のおすすめの管理形態
相続税対策として不動産管理会社を設立する方法がとられることがあります。相続人となる家族や親族が出資して不動産管理会社を経営するもので、「管理料徴収方式」と「サブリース方式」、「不動産所有方式」という管理形態があります。どのような管理形態が適しているかは、物件の特性によって変わります
会社の相続税対策として不動産を取得し自社株の評価を下げよう
中小企業のオーナーにとって、自社株の相続によって多額の相続税が発生するのは、頭の痛い問題です。相続税の支払いが難しくても、自社株を売るのは困難です。そこで、中小企業のオーナーの相続税対策で、所有する会社の株式の評価を下げるための方法として不動産の取得が挙げられます。
相続税対策で会社所有にするべき不動産とは
相続税対策として、法人化による賃貸経営を行なう場合、土地は個人所有のままとして、建物だけを会社所有とする手法がとられることが多いです。会社所有とすると、相続税対策として有利な不動産についてまとめました。
相続対策で一棟マンションを建設するならワンルームがおすすめ!
相続税対策として一棟マンションを建設することで、貸家建付地としての評価となり、相続税が軽減されます。相続税対策での建設では、一棟マンションの間取りは、ワンルームとするとリスクが抑えられます
相続税対策としてワンルームマンション10戸と10戸の一棟マンションを小夕するのは
相続税対策としてマンションを所有するといっても、一棟マンションを建設するケースと、分譲マンションを区分所有するケースがあります。相続税対策として、どちらが有利なのでしょうか。
相続税対策で東京の一棟マンションを購入するメリット
相続税対策として、テナントビルやオフィスビルなど不動産を購入して相続税の評価額を落とす方法がとられることがありますが、その中でも、東京の一棟マンションの購入がおすすめです。
相続税対策に東京の一棟マンションで活用したい「小規模宅地等の特例」
相続税対策として、現金で保有する資産を不動産に組み替えて、評価額を下げる方法がありますが、地方では地価の安さから、節税のメリットが薄れることもあります。東京の一棟マンションを購入しての相続税対策には、「小規模宅地等の特例」も利用できます。
相続税対策での賃貸マンションを建設したら相続はどうする?
相続税対策として所有する土地に賃貸マンションを建設したことで、後々の遺産相続でトラブルになるケースがあります。相続人が複数いる場合、賃貸マンションの土地と建物以外の相続財産がほとんどない場合にはどのような遺産分割の方法があるのでしょうか。
相続税対策を成功させるために!賃貸マンション建設で知っておきたいコツ
昨今の相続税の課税強化によって、相続税対策として賃貸マンションを建設する人は増えています。物件数のあるエリアでは競合も多いですが、相続税対策として建設したマンションが入居者を集めるためのコツをまとめました。
東京での相続税対策で賃貸マンション経営を成功させるには
相続税対策で賃貸マンションを経営するとき、所有する土地に賃貸マンションを建てるのも一つの方法ですが、東京で土地を購入して賃貸マンションを建てるという選択もあります。東京は地価が高いことから、地方よりも賃貸マンションでの相続税対策の効果も期待できます。
賃貸マンションを活用した東京での相続税対策の方法とは
相続税の課税強化によって、相続税対策が必要な人が増えています。地価の高い東京では、効果が高いといわれているのが、賃貸マンションなど不動産を使った相続税対策です。
相続税対策での賃貸マンション購入で抑えておきたいポイント
相続税対策として賃貸マンションを購入することで、相続税の評価額をおさえる手法がとられることがあります。収益物件として運用していくには、物件選びが肝心です。見かけ上収益が高い物件を購入して、思ったような収益が得られなかった結果、相続税対策にならず、財産を手放すことに陥らないためには、物件選びで抑えておくべきポイントがあります。
相続税対策での賃貸マンション購入で知っておきたい利回りとは?
現金で所有するよりも、賃貸マンションを購入すると相続税の評価額を下げられるうえに、収益を相続税の納付資金とすることが期待できます。そんな相続税対策での中古賃貸マンション購入で、知っておきたいのが「利回り」です。
失敗しないために知っておこう!相続対策の賃貸マンションに向かないエリア
相続税対策で賃貸マンションを建てるときに、向かないエリアというものがあります。相続税対策で賃貸マンションを建てても、空室が多いと想定していた土地の評価の軽減が受けられずに失敗となる可能性があります。駅からの距離が近くでも、入居者が確保しにくいケースについてみていきましょう。
相続税対策で成功しても賃貸マンションで失敗しないために知っておきたいポイントは?
賃貸マンションを建てて失敗したケースの中には、そもそも立地に無理がある物件がみられます。建築会社の営業マンに相続税対策として賃貸マンションを建てることを勧められ、建ててみたら空室が埋まらず立ち行かないといったことも現実に起こっています。
相続税対策での賃貸マンション経営で事業収支計画書の注意したいポイント
相続税対策として、賃貸マンション経営を始めて破綻するケースがありますが、そもそも事業収支計画書に問題があることがあります。事業収支を考えるうえで、注意したいポイントをまとめました。
相続税対策では賃貸マンション経営がおすすめな理由
土地を有効活用するには、駐車場、コインパーキングやアパートという選択肢がありますが、その中でも、相続税対策と賃貸経営の両方の目的がかなう賃貸マンションがおすすめです。
相続税対策目的で賃貸マンションをローンで建てるときに気をつけるべきこと
相続税対策でローンを賃貸マンションを建てるときには、手持ちの現金を使うケース以上に気をつけるべきことがあります。
相続税対策での賃貸マンション経営でローンは本当は有利はうそ?
「相続税対策目的でローンを組んで賃貸マンションを建てると得」といわれることもありますが、本当にローンを組むべきなのでしょうか。相続税対策で賃貸マンションを建てるときのローンの考え方についてまとめました。