相続税対策でローン(借金)を組むときに注意するべきこととは

相続税対策でローン(借金)を組むときに注意するべきこととは

相続税対策として借金をすることで、相続税を減らせると耳にすることがあります。広い土地を所有している人の中には、借金をしてアパートやマンションを建てて、相続税対策をしている人がみられます。相続税対策での借金で注意したいことをまとめました。

■手持ちの現金があれば相続対策での借金のメリットは限定的

借金をすると相続税対策になるという誤解がありますが、手持ちの現金がある場合には、借金をしてアパートやマンションを建てても、手持ちの現金で賃貸不動産を建てても、結果はほぼ同じです。アパートという賃貸物件を建てたことで、現金で保有するよりも、相続税の評価額は下がります。現金で建てれば手元の現金は減りますし、借金をすればマイナスの財産ができますが、手元の現金はそのままですので、差し引けば同じ額です。借金をすることで、金利分は損をすることになります。

相続税対策として、手持ちの現金がありながら借金をすることには効果はありません。ただし、借金をすることで手元の現金をプールして相続税の納税資金にできることと、アパート建設では比較的低金利で借りられることがメリットといえます。

■返せる範囲の借金にとどめる

借金をしてアパートやマンションを建てることで、相続税対策になるどころか、子孫に残す財産を目減りさせてしまう可能性もあります。アパート経営には空室のリスクがつきものですし、経年劣化によって、同じ家賃で貸し続けるのは難しいです。築年数が経つにつれて、修繕費用を掛けなければ、空室が目立つようになってきます。また、アパートやマンションの賃貸経営には、建物の清掃費用や修繕費用、管理を委託すれば管理費用も生じます。リスクや賃貸経営に掛かる費用を考慮したうえで、返せる範囲の借金に留めましょう。

相続税対策として借金をすることは、相続税対策にはなりますが、リスクも伴います。思うように部屋が埋まらず、借金が返せなければ、子孫に残せる財産は減ってしまいます。相続税対策で借金をしてアパートやマンションを持つときには、立地や間取り、賃料設定などに無理がないか、不動産のプロに相談しましょう。