相続税対策コラム 株式会社 ココプラネット|東京都内の投資一棟売りマンションで相続税対策を

相続税対策コラム

相続対策として建てたアパート、一棟マンションの相続はどうする?
相続対策としてアパート、賃貸マンションを建てたら終わりではありません。誰に相続させるか、遺言状で残しておくと、後のトラブルを避けることができます。
相続税対策として建てたアパート、賃貸マンションを受継いだ後にやるべきこと
相続対策として建てたアパートや賃貸マンションは、やがて子の代に受け継がれていきます。しかし、相続対策で建てられたアパートの中には、適切な管理が行なわれていない物件もあります。相続した子供は何をするべきでしょうか。
アパートは「家賃保証」があれば大丈夫?不動産の相続税対策は経営者の視点で
不動産での相続税対策で、「家賃保証」があるからとアパートを建てるケースがみられます。しかし、業者任せの不動産を使った相続税対策には大きなリスクがあります。
相続税対策はアパートとマンションどちらが有利?
マンションよりもアパートの方が利回りが高いため、建設コストが抑えられることから、不動産での相続税対策として賃貸物件を建てるとき、マンションではなくアパートを選択するケースがみられます。果たして、不動産で相続税対策を図るとき、アパートとマンションでは得策なのでしょうか。
相続税対策で不動産を「売却」か、「物納」どう判断する?
相続した遺産の大半を不動産が占める場合、相続税を支払うための現金を保有していなければ、不動産を売却するか、物納するかの選択に迫られます。売却と物納はどちらが得なのでしょうか。
相続税対策で不動産を売却するべきケースとは
相続財産はそのまま受け継いで、増やしていくことが望ましいことではありますが、現実的には相続税対策として売却せざるを得ないケースもあります。不動産を所有していることが原因で、財産を取り崩すことに繋がることもあるのです。
相続税対策で不動産事業を法人化のメリットとデメリット
アパートやマンションの賃貸といった不動産事業・を個人で営む人の中には、相続税対策を目的に法人化するケースが見受けられます。不動産事業を法人化することのメリットはどこにあるのか、やデメリットは、どのようなことが想定されるか考えてみましょう。
相続税対策での不動産の法人化の基本とは
相続税対策として、所有するアパートや賃貸マンションなど収益不動産の法人化を図るケースがみられます。土地や建物の法人への譲渡には資金が必要にも思えますが、一般的にはどのようなやり方で行われているのでしょうか。
相続税対策で不動産は借金をして購入するべき?
相続税対策として不動産はローン(借金)で購入するほうが、相続税を軽減できて得をするといわれています。果たして、借金での不動産購入は本当に相続税対策として効果があるのでしょうか。
相続税対策で不動産は借金をして購入するべき?
相続税対策として不動産はローン(借金)で購入するほうが、相続税を軽減できて得をするといわれています。果たして、借金での不動産購入は本当に相続税対策として効果があるのでしょうか。
相続税対策の自宅不動産の生前贈与は「住宅取得等資金の非課税制度」を使おう
相続税対策の生前贈与として有利とされるのは、子や孫が自宅として不動産を取得する際に、「住宅取得等資金の非課税制度」を利用する方法です。「相続時精算課税制度」と「住宅取得等資金の非課税制度」の併用も可能ですので、Wで効果を発揮します。相続税対策として子供や孫の居住用の不動産の取得資金の生前贈与を検討してみましょう。
収益不動産の相続税対策は生前贈与が有利
賃貸経営している不動産を所有している場合、相続によって土地や建物だけではなく、家賃収入として貯まっていた現金までも相続税の評価対象となります。子供に生前贈与しておくことで、家賃収入を相続税の支払いのために充てることができます。
相続税対策として生命保険を利用する
相続税対策として生命保険の利用では、失敗するケースもみられます。子供を契約者としても、支払い方法によっては贈与とみなされること、生命保険は受取人の財産とみなされることを知らないと、相続税対策の失敗を招きます。
相続税対策での毎年110万円の贈与で失敗しないポイントとは
生前贈与で相続税対策をしていても、税務署から過去の贈与は無効という指摘を受けてしまい、失敗する事例がみられます。相続税対策として、1年に110万円ずつの基礎控除額を利用して贈与する方法はよく知られていますが、やり方によっては贈与と認められず、失敗となってしまうのです。
相続税対策の不動産の購入でタワーマンションは有利?
国税庁は、2015年11月に相続税対策としてタワーマンションの購入による節税に対して、課税強化の方針を打ち出しました。それでも、タワーマンションの購入は相続税対策として人気が高いですが、相続税対策として特にタワーマンションが有利とされる理由は、どこにあるのでしょうか。
相続税対策で不動産の購入はなぜ有用?
2015年1月からの相続税の課税強化によって基礎控除額が縮小され、相続税対策が必要な人は増加しました。金融資産を持つ人の相続税対策として、不動産の購入は減税効果が期待できるとされています。なぜ、不動産の購入は相続税対策に有用なのでしょうか。