相続税対策コラム 株式会社 ココプラネット|東京都内の投資一棟売りマンションで相続税対策を

相続税対策コラム

相続税対策で借金をして賃貸マンションを建てるときの注意点
相続税対策として借金をして賃貸マンションを建てることに、リスクはないのでしょうか。相続対策で賃貸マンションを建てるうえで、注意したいポイントをまとめてみました。
相続税対策で賃貸マンションを借金をして建てるのはメリットがある?
相続税対策で借金をして賃貸マンションを建てると、相続税が大きく軽減されるとされています。その仕組みを例を上げて解説します。
相続税対策で土地を有利に譲渡するためのポイント
相続税対策として土地を譲渡するとき、そのまま売却したのでは売りにくく、不利なケースがあります。費用を掛けて売却の準備をすることで、相続税対策として有利に働くこともあるのです。
相続税対策で譲渡するべき土地と購入するべき土地
相続税対策では相続税の算定で不利な土地を譲渡し、収益を生み出す相続税対策に有利な土地を買うのがおすすめです。売却するべき土地と購入するべき土地は、どういったものなのでしょうか。
相続税対策の土地活用は駐車場とアパートやマンション、どっちが得?
土地の有効活用として、駐車場経営をしているケースがあります。相続税対策として、税務上どちらの方が得なのでしょうか。
相続税対策としての土地の有効活用として賃貸事業を始めよう
現金として所有していた資産を土地に変えるだけではなく、賃貸事業として有効活用することで、さらに相続税対策としての効果が高まります。
相続税対策としての土地購入の注意点
相続税対策として土地を購入すると、土地は相続税の評価で8割程度であり、賃貸事業を営むとさらに評価を下げられます。しかし、土地購入による相続税対策では、遺産相続をスムーズに進めるために注意しておくべきことがあります。
相続税対策での土地の購入で知っておきたい「小規模宅地等の特例」とは
相続税対策で土地を購入して、賃貸事業を営むと、「小規模宅地等の特例」が適用できることがあります。特に、小規模宅地の特例が適用できる自宅の土地がない場合には、土地の購入による相続税対策として有利です。
相続税対策の土地の売却で相続人が複数いるときはどうすればいい?
相続財産がほぼ土地のみであって場合、複数の相続人で相続する方法として、現金に換えて分ける「換価分割」があります。相続税対策として、「換価分割」による土地の売却はどういったものなのか、流れや注意点をまとめました。
相続税対策で土地を売却するなら相続後3年10カ月以内が有利!
相続した土地をいずれ売却しようと考えているとき、相続税対策として「相続開始後3年10カ月以内」が有利とされています。相続開始後3年10カ月以内での土地の売却では、相続税対策としてどのような優遇措置が受けられるのでしょうか。
相続税対策として養子縁組にデメリットはある?
相続税対策として養子縁組をすることで、相続税上、養子として算定できる人数は限られているものの、相続税の基礎控除額などを増やし、超過累進税率を緩和させる効果があります。では、養子縁組による相続税対策にデメリットはないのでしょうか。
相続税対策としての養子縁組の効果とは
相続税対策として養子縁組をすると、法定相続人の数が増えることで相続税の算定が有利になります。養子縁組による相続税対策としての効果について、まとめました。
相続税対策での法人化のメリットとデメリット
相続税対策として、不動産賃貸事業の法人化が行なわれることがあります。土地は個人所有のままとし、建物を法人に長期の支払いにより譲渡する方法がとられることが多いです。法人化にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
相続税対策での法人化で資産管理会社の形態はどうする?
相続税対策として、不動産のオーナーが不動産事業を資産管理会社として法人化するとき、どのような形態が望ましいのでしょうか。法人化の種類や資産の保有形態についてまとめました。
相続税対策での資産管理会社設立はメリットが大きい!
相続税対策として不動産の所有者が資産管理会社設立をすると、所得税や相続税、贈与税の節税効果があるとされています。資産管理会社設立による相続税対策とはどういったものなのでしょうか。
相続税対策で不動産管理会社を設立したときの3つの運営方法
収益不動産を所有する人の相続税対策で、会社設立を行なう手法がみられますが、どのような運営がなされているのでしょうか。相続税対策で不動産管理会社を設立した場合の3つの運営方法をみていきましょう。
相続税対策で借金するなら「事業計画書」のカラクリに注意!
相続税対策で借金をして、アパートやマンションを建てて賃貸経営をするとき、事業計画書の収支だけを見て安心してはいけません。事業計画書に組込まれている数字が適正か、相続税対策で借金をするだけの効果が得られるのか、判断する必要があるのです。
相続税対策でローン(借金)を組むときに注意するべきこととは
相続税対策として借金をすることで、相続税を減らせると耳にすることがあります。広い土地を所有している人の中には、借金をしてアパートやマンションを建てて、相続税対策をしている人がみられます。相続税対策での借金で注意したいことをまとめました。
贈与税の非課税制度は全部で4種類
用途を問われない「相続時精算課税制度」や自宅用の不動産の取得資金のための「住宅取得等資金の非課税制度」のほかにも、相続対策に利用できる生前贈与の非課税制度があります。結婚や子育て、教育に関わる贈与税の非課税制度について、相続対策として有効であるかみていきましょう。
相続時精算課税制度の改正で生前贈与は有利になる?
生前贈与として、祖父母や両親から若い世代への財産の移転を促す「相続時精算課税制度」有利な相続税対策をする方法とはどのようなものなのでしょうか。