建築費の優遇・補助金制度で 外断熱の建物を実現

建築費の優遇・補助金制度で 外断熱の建物を実現

中性化対策、省エネ化、外装の高耐久化、バリアフリー、耐震化を補助金で支援

マンション、ビル、病院、ホテル、老人ホーム等をお持ちの方で、建物の劣化などによる大規模改修を検討している方、もしくは新築される方には、ぜひ、この機会に外断熱工法を採用することをおすすめします。 外断熱工法はコンクリートの中性化対策、省エネ化、外装材の高耐久化を実現します。それに加え高効率設備の改修(省エネ)、バリアフリー改修、耐震性の向上等も補助金の対象になります。 国が推進する「既存建物ストック長寿命化」により、補助金や助成金を支給する支援制度が広がってきています。住宅に対する支援制度は、2020年の「省エネ基準義務化」まで続くと思われますが、マンションやビルなどもこの制度が長く続くことは考えにくいと思われます。タイミング等もあるかと思いますが、ご検討をおすすめします。